お悔やみ・お供え

故人をしのぶ法事に出向くとき、あるいは自分は行けないときに、残された人々を慰める意味でお花をお供えしましょう。
ただし、宗教や地域によって形や飾り方が異なるので、花屋さんに任せた方が賢明です。
遠方でのお通夜や葬儀にも花キューピットを利用すると花篭やスタンド花をスピーディに贈ることができます。

枕花

枕花

故人の枕元にお届けする生花のことで、お通夜の前までにお届けします。キクやユリなどの白いお花でまとめたアレンジメントタイプが一般的です。枕花は祭壇に飾られるか、出棺とのきに棺に一緒に入れたり、そのまま自宅に飾られることもあります。

お通夜・葬儀

お通夜・葬儀に供えるお花には地域性があり、またご遺族の意向や斎場ごとの決まりなどがあるため、事前の細かな確認が必要となります。
ご注文の際は日程と喪家名を店頭にお伝えください。

法事

四十九日まで・・・
お届けするタイミングは前日が最適です。お花は白いお花や淡い色でアレンジする事が多いです。

四十九日以降・・・
四十九日を境に御霊前からご仏前に変わります。
ピンクや黄色、紫色などの静かで懐かしい色調や故人が好きだった色など、優しい色合いのアレンジメントを贈るのが一般的です。
お届けするタイミングは前日が最適です。葬儀の後に贈る供花は、一周忌、三回忌、七回忌、などと続くにつれ花の色彩も徐々に増えていきますが、まだ悲しみも深い一周忌には白を基調とした花を選ぶとよいでしょう。その後は薄く色づいたトルコキキョウなど、品格の中にも明るさを持ち合わせた花を贈りましょう。

キリスト教

ppp
キリスト教式の葬儀では、造花や花環などは用いず、生花のみを供花として使います。ユリなどの白い花が一般的に用いられますが、故人が好きだった花があればその花を用いることもあります。
なお、キリスト教式の葬儀では、仏教で行うような焼香はなく、代わりに献花が行われます。献花は、葬儀ミサの後、告別式の際に行われ、用意されているお花を献花台に捧げる儀式であり、供花とは別のものです。

葬儀用生花・缶詰

法事