お見舞いに

お見舞いにおすすめのお花

お見舞いアレンジ
花束を持参する場合は飾ることを考えると花瓶が必要になるので、簡単に飾れるフラワーアレンジがお薦めです。病室の広さを考えて、あまり大きくなりすぎないようにしましょう。

このようにお見舞い時の注意点はたくさんあります。不安な方は私たちにご予算とお見舞い用である旨をお伝えいただけましたら、最適なアレンジメントをご用意いたしますのでお気軽にご相談下さい。

お見舞いの注意点

寄席ばち
親しい方へのお見舞いには花を持参する方も多いはず。
ただし、お見舞いに花を持参する時は、気を付けるべき点がいくつもあります。
お選びの際はこれらの点にご注意下さい。
  • 鉢植え(根付く→寝付くと連想されるため入院が長引くイメージに繋がります。)
  • 首がポトリと落ちる花(椿など)
  • ランやカサブランカのような香りの強い花(弱っている人には良い香りに思われず、かえって気分を悪くする場合があります。)
  • (葬式時の常用花なので避けた方が良いです。)
  • 花粉の多い花(周りに呼吸器系の病気やアレルギーの方がいらっしゃる可能性があります。また、布団やシーツについたら取れなくなるものもあります。)
  • 色彩の強い花(ストレスを感じさせてしまうことがあります。)

※病院によっては匂いや花粉、微生物などの虫や薬品がついている可能性があることから
 生花の持ち込み自体を禁止しているところもあります。